トップページ > レポート > 【レポート】リアルな訓練風景を見学!第2回目企業訪問バスツアーの開催報告

【レポート】リアルな訓練風景を見学!第2回目企業訪問バスツアーの開催報告

3月11日(木)に第2回の企業訪問バスツアーを実施しました。

前回に比べて参加者が増え、今回は男性参加者もいらっしゃいました。今回も最初の訪問先はポリテクセンター鹿児島さん。担当の門田さんにコースの詳細や施設の概要をご説明いただいた後は早速施設内を見学。
ラッキーなことに、この日はたまたま溶接の訓練をしているといことで実習所へ。本当にリアルでした!男女問わず、真剣に訓練している様子を見学し、参加者一同大興奮です。ウェブサイトやパンフレットからでは分からない生の情報を得ることが出来たのは、とても大きかったですね。

続いては、霧島市国分にあるホテル京セラにて訪問見学です。
ホテルには様々な業種があり、細かい作業内容までご担当者が説明して下さりました。京セラが大事にしている哲学や歴史についても詳しく伺えました。そして霧島では有名な?ホテル京セラオリジナルキャラ?である「ホテ京Z(ほてきょうゼット)」のビデオを視聴することができ、これまたレアな体験ができました。

最後は、同じく霧島市にある株式会社三翔精工さんへ。
女性の従業員さんも多いという三翔精工さんでは、最先端の技術を駆使して精密な部品を作っている会社。なんとロボットが24時間稼働して製品を作っているということで、なんとその光景も見学することができました。
そして、色々なコンテストでの受賞歴もある三翔精工さんが作ったという、”1辺が9ミリから構成される世界最小のルービックキューブ”を見せていただきました!これまた本当に凄技。参加者皆さん全員が「えー!」と声をあげ、スタッフもビックリ。実際に手に取って見ると、本当にルービックキューブです。写真では見づらいですが、確かに、そこに、ありマス。。

今回の参加者アンケートより、
・職業には様々なものがあると肌で感じることができました。
・”手に職”ということを実感できて良かったです。
・就職する際の視野を広げられることができて良かった。
といったお声をいただきました。実際に訪問見学しないと見えてこない部分がたくさんあり、改めて、それを経験する大切さを学んだバスツアーとなりました。参加者の皆様、訪問先として受け入れていただきました企業様、職業訓練学校様、本当にありがとうございました。

トップへ戻る